レンズの処分法

新しいレンズを購入する際、使わなくなるレンズを中古カメラの買取り業者に依頼して買い取ってもらうことができます。代金を新しいレンズの購入費用に充てることもできるので、是非利用したいサービスです。中古レンズの買取りの際には、どのような注意点があるのでしょうか。

レンズの保存状態は、買取り額を大きく左右します。精密機器だからこそ、保存方法には日頃から細心の注意を払うことが重要です。長期間の保存で埃がついたままだと錆びることもあり、保存場所によってはカビが生えてしまうこともあるので、注意が必要です。

鑑定士買取りを依頼する業者は、プロの鑑定士がいる中古カメラ専門店がおすすめです。また、実店舗よりも、人件費や家賃などのコストがかからないネットショップの方が高値で査定してくれる傾向があります。ネットショップも数多くありますが、事前見積もりと実際の査定額に差が出ないように最低買取り価格を保証してくれたり、送料を全額負担してくれたりする、サービス内容の充実した業者を選ぶことをおすすめします。(参考サイト/カメラ買取専門サイト:カメラ高く売れるドットコム

また、レンズの購入の際に、古いレンズを同時に買い取ってくれる下取りサービスを行っている業者もあります。下取りのメリットは、買取り価格のアップや、新しいレンズの購入価格割引といった特典が付くことです。

レンズの買い替えは写真の楽しみ方の幅を大きく広げてくれます。決して損をしないよう、買取りや下取りを賢く利用しましょう。


関連記事

  1. カメラレンズの交換
  2. 買い替えのメリット

買い替えのメリット

カメラのレンズ自体は消耗品ではなく、保存状態に気をつければ長い期間使用できるものなので、買い替える必要がそれほどないように思われるかも知れませんが、レンズを新しく交換すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

レンズカメラのレンズには、ズームに単焦点、広角・標準・望遠など、様々な種類があります。カメラを購入した際にセットになっているキットレンズを使い続けている方も多いと思いますが、例えば、今まで持っている広角レンズよりも焦点距離の短い超広角レンズに買い替えると、撮影できる範囲が人間の視野よりも広くなり、撮れる写真が変わってきます。また、単焦点レンズとは、ズームができないレンズのことですが、明るい単焦点レンズを使えば、背景を柔らかくぼかすことが可能になるので、写真の表現方法が広がります。このように、レンズを変えると色々な写真を撮れるようになることが、最大のメリットであると言えます。

カメラの本体は、早いサイクルでどんどん新しいものに変わっていきますが、レンズはモデルチェンジが少ないため、中古市場における価値も下がりにくく、使わなくなったレンズも比較的高値で買い取ってもらえるため、「レンズは資産」と言われています。写真撮影を今までよりもっと楽しむために、カメラ本体だけではなく、レンズに投資してみるのもいかがでしょうか。

カメラレンズの交換

写真撮影を何年か続けていると、「もっといい写真を撮るために優れた機材が欲しい」と思うようになるものです。デジタル化が進むにつれて、性能に優れた新しいカメラやレンズがどんどん発売されていますが、本体を買い替えるにはコストがかかるため、レンズを新しいものに交換したいと希望される方も多いのではないでしょうか。当サイトでは、カメラレンズの買い替えについて解説いたします。

カメラ買い替えと言っても、どんなレンズを選べば良いか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。レンズには、標準に望遠に高倍率、単焦点に広角など、様々な種類があります。超広角や魚眼など、人間の視野を超えた写真が撮れるレンズもあります。「自分もこんな写真を撮ってみたい」と思える写真を見つけたら、どんなレンズを使っているかを調べてみて、それを参考に選ぶと良いでしょう。具体的にどのような写真が撮れるようになるかについては、買い替えのメリットと共に別のページでご説明します。

また、使わなくなった古いレンズを中古カメラの買取り業者に買い取ってもらう時の注意点や、買取り店の選び方についても解説いたします。カメラを趣味にすると機材集めに費用がかかりがちですが、中古買取り店を利用すれば、お得に買い替えることが可能です。高額で査定してもらえるポイントを押さえて、賢く活用しましょう。

レンズを買い替えると写真の出来栄えが大きく変わるため、自分の腕前が上達したように感じられる方もいらっしゃるかも知れません。表現の幅も広がるので、撮りたい写真のイメージもたくさん湧いてくるでしょう。迷っている方も、こちらのサイトを参考に是非新しいレンズとの交換を検討してみて下さい。