レンズの処分法

新しいレンズを購入する際、使わなくなるレンズを中古カメラの買取り業者に依頼して買い取ってもらうことができます。代金を新しいレンズの購入費用に充てることもできるので、是非利用したいサービスです。中古レンズの買取りの際には、どのような注意点があるのでしょうか。

レンズの保存状態は、買取り額を大きく左右します。精密機器だからこそ、保存方法には日頃から細心の注意を払うことが重要です。長期間の保存で埃がついたままだと錆びることもあり、保存場所によってはカビが生えてしまうこともあるので、注意が必要です。

鑑定士買取りを依頼する業者は、プロの鑑定士がいる中古カメラ専門店がおすすめです。また、実店舗よりも、人件費や家賃などのコストがかからないネットショップの方が高値で査定してくれる傾向があります。ネットショップも数多くありますが、事前見積もりと実際の査定額に差が出ないように最低買取り価格を保証してくれたり、送料を全額負担してくれたりする、サービス内容の充実した業者を選ぶことをおすすめします。(参考サイト/カメラ買取専門サイト:カメラ高く売れるドットコム

また、レンズの購入の際に、古いレンズを同時に買い取ってくれる下取りサービスを行っている業者もあります。下取りのメリットは、買取り価格のアップや、新しいレンズの購入価格割引といった特典が付くことです。

レンズの買い替えは写真の楽しみ方の幅を大きく広げてくれます。決して損をしないよう、買取りや下取りを賢く利用しましょう。


関連記事

  1. カメラレンズの交換
  2. 買い替えのメリット